【公式】「千の風」関東・葬儀・家族葬・お葬式

葬儀の知識KNOWLEDGE
1.臨終
①医師によってご臨終、または死亡が告げられます。
②死亡診断書(死体検案書)の交付を受けます。
③病院などでご逝去の場合、葬儀社に連絡をして故人様の搬送を依頼します
ご自宅でご逝去された場合は、医師の死亡宣告を受けた後、葬儀社に連絡します。
当社はいずれの場合も年中無休24時間営業で指定の場所までお迎えに参ります。

①スタッフが電話口で下記のことをお伺いいたします。
(1)死亡者のお名前、年齢、住所
(2)死亡場所(病院名、病棟病室、霊安室)
(3)連絡者のお名前、ご関係、連絡先
(4) お帰り先(自宅・千の風)
(5) ご宗旨(お参りの道具の準備の為)(わからない場合は、仏教・神道・キリスト教・無宗教など)
②場所・時間帯にもより異なりますが通常30~60分ほどでお迎えに参ります。
③当社スタッフが専用の寝台車にてお迎えに上がり、病院を出発します。
④ご家族のご希望を伺い、式場・自宅へと搬送いたします。
【相談員までお問合せください】尊厳死、献体、病理解剖、末期の水
2.故人様安置
①ご遺体を安置します。
②枕飾りは当社にてご用意します。
③ご安置、お参りの準備等は全て当社スタッフが行います。

①ご遺体を式場もしくは、ご自宅にお送りします。
②ご遺体を宗派の作法(北枕か、西枕か、など)にしたがって、部屋に安置します。
③両手を胸元で合掌させ数珠をお掛けします。
④ご安置後、故人様のお体の状態を保全するために、ドライアイスをあてさせていただきます。仏式の場合は、枕飾り(香炉、線香、ローソク)をご準備いたします。
⑤家に神棚をまつっている場合は、扉を閉めて白い紙で閉じます。
⑥玄関に忌中紙(還浄紙)を貼ります。
⑦一膳飯、枕団子をお供えします。
⑧枕経の手配についてアドバイスいたします。
【相談員までお問合せください】北枕、さかさごと、枕飯、戒名・法名・院号
3.打合せ
①ご葬儀の内容や規模、返礼品や料理などをご相談いたします。
②祭壇に飾る遺影の準備をします。
③喪主、世話役(葬儀委員長なども含む)受付、会計、接待、僧侶案内などの係を決め、役割分担の確認をします。
葬儀についてご家族のご意向をお聞きして葬儀全般のアドバイスを行いながら、日程・予算等を決定していきます。

①日時、葬儀の型式(宗派など)、斎場(式場)・火葬場の確定します。
日程はご家族の要望・寺院のご都合・火葬場・式場の空き状況を調整し決定いたします。
②喪主を決定します。
③葬儀費用の見積り
予算・ご要望を伺いながら見積書を作成いたします。
④通夜葬儀のスケジュール確認
⑤厳粛な葬儀式を作り出す為の確認をいたします
(生演奏による献奏・スナップ写真モニター放映)
⑥新聞死亡広告の必要な方は手配いたします。
【相談員までお問合せください】喪主のしごと一覧
4.死亡通知
①親戚、故人や遺族の関係者・勤務先、近隣など連絡先のリストアップをします。
②会葬予定者を中心に、手分けして連絡します。
③FAXで訃報通知をする場合もあります。
連絡先のリスト化、ご連絡のアドバイス
訃報の書式をご準備してお手伝いいたします。

①勤務先等に訃報通知を送る用紙と式場の案内地図が御座いますので必要な方はお申し付けください。
②また当社よりファックスを送る事も可能です。
③自宅玄関に葬儀の時間、場所の案内板を作成いたします。必要な方は申し付けください。
【相談員までお問合せください】連絡の範囲、電話通知の7項目、訃報書式、死亡広告
5.死亡届
①役所に死亡届を提出します。
死亡届及び埋火葬許可申請の手続きは当社が代行いたします。

①火葬場の予約手続きは千の風が行います。
②各市町村にて死亡届及び埋火葬許可申請の手続きを代行して千の風が行います。
③火葬許可書は紛失しないよう火葬場に提出するまで当社にてお預かりいたします。
④お預かりした死亡診断書は役所に提出しますので、当社にてコピーをお渡しいたします。
⑤お預かりした印鑑は手続き終了後にお返しいたします。
【相談員までお問合せください】届出人、記載事項
6.打合わせ・式場設営
①式場設営は全て当社が責任をもって行います。
故人が好きだったお花やご遺族のご希望に合わせて最良の祭壇を作成し心に残るお別れのシーンを提案いたします。

①千の風では生花祭壇に故人の好きだったお花を飾り最良の祭壇をご予算に応じ作成いたします。
②祭壇飾りを各宗派に応じて提案いたします。
③生花・灯篭・花輪各種取り揃えております。
④故人の生前のスナップ写真や愛用品を飾る事が出来ます。
⑤会場内に故人の好きだった曲を流す事が出来ます。
7.来客の準備(ご自宅へ安置の場合)
①神棚を白紙を貼って封じます。
②台所を片付け湯茶の準備をします。
③部屋、寝具の点検、トイレの清掃をします。
式場を利用であれば、部屋の片付け、炊事、接待、親族が泊まる部屋の準備が楽にでき、ゆっくりと故人様と最後のお別れが出来ます。

◇式場ご利用の場合
①お茶、急須、湯のみ、取り皿、グラス、灰皿等必要な物はすべて揃っています。
②料理の配膳も当社にて行います。
③控室で宿泊も可能です。(布団は有料になります。)
④宿泊の必要な方は近郊のホテル等のご紹介もできます。
⑤喪服、礼服のレンタルが御座います。

◇自宅葬の場合
①貸し布団、貸し座布団、ストーブ、テント、椅子のレンタルがございます。(有料)
②配膳係(お手伝い)の派遣が出来ます。(有料)
【相談員までお問合せください】神棚の封じ方
8.湯灌、納棺
①湯灌、納棺の時刻を定めますので、お集まりください。
湯灌それは現世での悩みや苦しみ、煩悩を洗い清め安らかに見送る厳粛な儀式。
専門のセレモニースタッフが心を込めて努めさせていただきます。(有料)

①儀式
ご納棺は、お棺に納める前に、故人様の旅立ちをお手伝いし、故人様に触れて向き合える最期の儀式です。ご家族の温もりの手で、しっかりとお手伝いして差し上げてください。
②お清め
洗髪、洗顔、顔剃りを行い髪を乾かします。その後全身を洗い清めます。
③美容着付け
故人をお布団に移し白装束に着せ替え、髪のセット化粧を施します。
④納棺
ご遺族の手により柩にお納めいたします。
故人のお顔を「きれいな安らかなお顔」と思っていただけるような柩内のお飾り付けをいたします。
⑤ご家族のお手により納棺花を入れてお顔廻りを飾り、お別れいたします。
【相談員までお問合せください】死装束と納棺作法
9.役割分担の確認
①受付係に挨拶をします。
施行運営全般に渡り、当社スタッフがアドバイスいたします。

①各部門のお手伝いの方に適切なアドバイスを行います。
②会葬者への接客係、駐車場整理は当社にて手配できます。(有料)
③受付係は、金銭を扱いますので当社ではお受けいたしておりません。
【相談員までお問合せください】葬儀お手伝いのこころえ
10.受付
①御香典を頂いた方には会葬礼状と引換券をわたします。
②お帰りの折にご返礼品をお渡しします。
③余った分は返品します。
通夜・葬儀の1時間前より受付の準備を御願いいたします。

①当社スタッフより受付の手順をご説明いたします。
②会葬返礼品・礼状の追加はスタッフへ申し付けください。
③受付で必要な備品一式は当社で用意いたします。
④紙袋を準備していますので、ご利用ください。
⑤返礼品は宅急便で送る事も可能です。
⑥余った返礼品は返品が可能です。
11.通夜
①読経、焼香につづき弔問をおうけください。
②ご来客に弔門に対する返礼と清めの意味を込めて、通夜ぶるまいでもてなします。
③式場にお泊りであれば、最期の一夜をお過ごし下さい。翌日のために、帰宅されても大丈夫です。
最近では仕事の都合上、通夜に参列される人が増えています。
千の風がご遺族をサポートしながら進行していきます。

①開式前に席順や焼香の作法等の説明をいたします。
②お寺様にお茶の接待を行います。
③ご焼香の際はスタッフが案内いたします。
④弔問客にお茶、コーヒーのサービスを行います。
⑤宿泊もできます(有料)。
12.開式準備
①供花や弔電順位などの確認をします。
開式前に下記の事項を確認いたします。

また開式前に下記の事項を確認いたします。
◇確認事項
○親族代表挨拶の決定
○出棺挨拶の決定
○弔辞の依頼先と内容の確認
○弔電披露の読み上げ順位、ふりがなの確認
○読み上げ焼香、焼香順位の確認
○火葬場同行の人数の確認(初七日参列者)
○霊柩車・マイクロバスに乗車する方
○会葬返礼品、礼状の追加の有無
○供物・供花の配置
13.僧侶への挨拶
①式典前に僧侶に挨拶にでむきます。
②お布施をお渡しします。
僧侶が式場に到着されましたらご遺族様と共に当社スタッフが導師控室案内いたします。

①僧侶が到着されましたら導師控室に案内してお茶、おしぼりをお出しします。
②喪主様を導師控室に案内して挨拶をして頂きます。その際、お布施とお車代を渡される事が多いようです。
(葬儀の翌日にお寺にお礼参りとして渡す場合もあります)
【相談員までお問合せください】お布施の相場
14.葬儀式典
①開式15分前には着席ください。
②読経、焼香、弔電(弔辞)奉読と続きます。
③お花を入れて最後のお別れをします。
葬儀は厳粛なるお別れの儀式です。進行につきましては、葬祭ディレクターのスタッフが万全の体制でご遺族をサポートしてまいります。

①開式15分前に式場に着席ください。
②仏式の場合、お数珠をお持ちください。
③スタッフが焼香作法と式の流れを説明いたします。
④司会進行、焼香誘導はすべて当社スタッフにて行います。
⑤閉式後、各人の手で故人様の周りに飾る「別れ花」をして、出棺の準備をおこないます。(お花入れ)
⑥スタッフの先導のもと、お位牌、写真の順番で霊柩車前まで誘導いたします。
【相談員までお問合せください】焼香順位とマナー、式次第はやわかり、弔辞文例集
15.出棺
①出棺の際、喪主は会葬者に挨拶をします。
②火葬場への同行者はすみやかに乗車します。
ご多忙の中、最後までお見送りをいただいた方に喪主様が感謝の言葉を伝えると共に故人との最後のお別れをサポートいたします。

①お柩が霊柩車に納められ合掌をいたします。
②喪主が、位牌を持って先頭に立ち、遺影を持った遺族が続いて、お柩の出棺を先導します。
③お柩を霊柩車へ納めたら、お見送りするために残って待っていた会葬者へ喪主がお礼の挨拶を述べます。(葬儀中にも挨拶の場面がありましたので、ここでの挨拶は、簡潔なお礼の言葉で結構です。)
④親族の方をマイクロバスへ誘導します。
⑤最後に1礼をして霊柩車に乗車いただき、出棺いたします。
⑥火葬場までの地図が必要であればご用意いたします。
⑦タクシーご利用の方は手配いたします。
【相談員までお問合せください】棺の持ち手、挨拶文例
16.火葬
①作法に従い収骨します。
②埋葬許可証を受け取ります。
火葬は葬儀の中で最も象徴的な場です。
ご遺族様に不便が無いようにサポートいたします。

①炉前にて最後のお焼香がありますので喪主から順に全員が焼香します。
②ご焼香後、最後のお別れとなります。
③待合室へとご案内いたします。火葬場により個室(有料)を利用できます。係員にお尋ねください。
④収骨のアナウンスがありましたら収骨室へとご案内いたします。
⑤収骨の作法は係員よりご説明いたします。
⑥埋火葬許可書を受け取り、骨壷の中に保管しておきます。
⑦マイクロバスまで誘導いたします。
17.初七日法要
①お骨を安置しお経を唱え焼香します。
②お斉では遺族は末席でもてなします。
③供物の分配をしてお持ち帰り頂きます。
最近では、葬儀当日に初七日法要を行う方が増えています。
ご希望により式場で初七日法要を行う事が出来ます。(有料)
精進あげの食事まで手配できますのでご相談ください。

①祭壇を設け、法要会場をご準備いたします。
②お寺様を招き、初七日法要を行います。時間は通常30分前後となり、皆様にご焼香していただきます。
③法要終了後、精進あげの会食となります。
④法要の返礼品、食事等ご準備いたします。
18.精進落とし(壇払い)
①料理は係員がお運びします。
②お飲み物はその都度お申し付けください。(初七日法要のタイミングは様々です。)
初七日法要まで参列いただいた、ご親族に対してねぎらいの意を込めて食事を振舞います。

①初七日法要のあと、僧侶の方をはじめ、葬儀の手伝いなどでお世話になった人たちに、酒や料理をふるまう会食の宴を設けます。
その際は遺族は下座に座ります。
②一般的に精進落とし(壇払い)は箱膳や会食が多いようです。鉢盛や寿司盛り合わせ・刺身盛等もご用意できます。
③最初に喪主より感謝の挨拶をします。その後「献杯」の合図で会食を始めます。
④お飲み物(有料)各種ご準備しています。お申し付け下さい。
19.ご帰宅
①自宅に帰ってすぐに遺骨を安置できるように、後飾り壇を用意してあります。
②ご遺骨は、埋葬・納骨まで、「後飾り祭壇」に白木位牌、遺影とともに安置し、毎日ご焼香するなどして、ご冥福を祈ります。
③芳名禄や香典の整理をはじめます。
ご自宅に戻ってからのご遺骨の安置は担当者がサポートいたします。四十九日の忌明後、納骨されるのが一般的です。

①忌明後納骨がお済になられましたら、ご連絡をいただければ片付けにまいります。
②祭壇設置時に、ご遺骨の安置場所等、説明いたします。
③葬儀に行けなかった方が後日お参りに見えられますので葬儀で使用された会葬返礼品をしばらく自宅に置いておきお参りの方に渡します。
そして不要な分は集金時に返品されて下さい。集金は葬儀後7日以内とさせて頂いてます。
④葬儀でお供えさせていただいた生花を花束にしてお渡しします。祭壇横にお飾り下さいませ。
20.葬儀を終えて
①挨拶回り
②四十九日法要
③死亡届け
④新盆
⑤香典返し
⑥納骨
⑦喪中ハガキ
千の風お客様係専門スタッフが葬儀後の手続きから香典返し、仏壇など、遺族を総合的にサポートいたします。
千の風お客様係は葬儀後のアフターフォローとして、すべての遺族に下記のサービスを行っています。

また、その他ご相談も承っています。
○法要カレンダー(法事の日程が全て記入されています。)
○香典返しのリスト作成及び手配
○法要に関するギフト、料理の手配
○仏壇、仏具、お墓、納骨堂の手配
○お礼状喪中ハガキ、全ての印刷物の手配
○諸手続、相続の相談
○遺品の整理処分、家屋リフォームほか